アオシマ 1/700 長門(艦これver)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勢いで買ってしまった艦これコラボの1/700長門。
艦船模型をちゃんと作るのは初めてでしたが、いろいろ試行錯誤しながらなんとか完成しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガンプラと違い、一筋縄では行きませんでした。パーツの場所に穴があいてなかったりパーツの合いが悪かったりと、ずいぶん今まで甘やかされていたのだなぁと痛感しました。
7.7mm機銃の取り付けが細かすぎて泣きそうでした。ピンセットは必須。近いところが見えなくなってきたので、このために老眼鏡を買いましたよw
塗装については呉海軍工廠標準色をスプレー缶で塗装。煙突上の黒や、砲の根本など細かいところは筆塗り。汚しはタミヤから出ている墨入れ塗料のダークブラウンを使用。はじめから薄まっているので、使いやすかったです。そういえばエナメル塗料使ったのも初めてです。
大変だったのはカタパルトのリノリウムを筆で塗ったところ。結構ムラが出てしまったのですが、最後の汚し塗装でごまかしたらいい感じになったので結果オーライw

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

41cm連装砲と艦橋周り。
木甲板はちゃんと塗装する自信がなかったので、市販の木甲板シールを使いましたが、貼るのに失敗してしまいました; ちょっと浮いています。
アップで見ると、ちょっと汚しすぎな感があります。小さいスケールなので、もう少し控えめにしたほうが良かったかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番苦労した煙突周り。配管の接着が恐ろしく苦労しました。
また、説明書だけではパーツの配置がいまいちわからないところがあり、他の人の作例や資料などを参考にしながら組み立てました。
ボートダビットの位置に穴が開いてなかったので、ピンバイスで穴を開けて取り付けました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面から。
菊花紋章はペイントマーカーの金で塗装。筆塗りするよりもお手軽で楽ちんなのでオススメです。
マスト曲がってますね・・・。艦橋も垂直じゃない気がする;

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ、艦載機を作っていません。
マニュアルでは九五式水上偵察機と指定されているのですが、パッケージには零式水上観測機も入っております。
せっかく艦これ仕様なので、後者を設置してあげようと思っています。
緑の塗料を買ってこないと。。。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガンプラばかりでしたので、きちんと塗装まで行って組み立てたのはホント久しぶり。
組み立て終わったあとの満足度はかなり高いですね。
ストレート組みなので、マストなど、スケール的にだるいパーツも結構ありますが、真鍮線自作やエッチングなどはちょっとまだ敷居が高いかな。ワタシ的にはこれで十分です。

艦船模型の処女作となりましたが、一度経験してみて、組み立てのコツとか、ミスしやすい場所とかが私なりにつかめた気がします。これは次に活かすこととします。
次は嫁艦の足柄さんか、艦橋が素敵な扶桑姉様あたりに手を出してみたいと思います。

 

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top